〜 パドドゥとは 〜

パドドゥは、意味と感情に満ちた踊りであり、バレエ作品の中で重要な位置づけとなっています。時に作品の主人公たちにとっての永遠の困難ともいえる問題を表現しています。

中心的なバレエを例に挙げてみましょう
  • 『ロミオとジュリエット』(ロミオ、ジュリエット)
  • 『眠れる森の美女』(オーロラ、デジレ)
  • 『ジゼル』(ジゼル、アルブレヒト、ヒラリオン)
  • 『ライモンダ』(ジャン・ド・ブリエンヌ、ライモンダ、アブデラフマン)
  • 『バヤデール』(ニキヤ、ソロル、ガムザッティ、大僧正)
ロミオとジュリエット
「白鳥の湖」より黒鳥のアダージオ


これらの登場人物の関係はすべて、アダージオという音楽形式によって描かれます。
これが「パドドゥ」と呼ばれるものです。アントレ、アダージオ、男性バリエーション、女性バリエーション、コーダという5部構成がおなじみの形式です。

パドドゥの特徴は、複雑な踊りのセットサポートの工夫にあります。
そして、バレエ学校においては、デュエット・クラシックダンスは振付教育の主要な特別科目の一つで、その中で生徒はサポートの技術を習得し、舞台でのコミュニケーション能力やパートナーとの相互のテンポ感を身につけます。

このようなバレエ学校における指導内容を、本コースではフョードル・ムラショフ先生がワガノワメソッドで提供します。

〜 指導者紹介 〜

フョードル・ムラショフ
ボリス・エイフマンバレエアカデミー/マリインスキーバレエ団

A.Garbuzに手ほどきを受け、2001年にワガノワバレエアカデミーを卒業。同年、マリインスキー劇場に入団。2017年からバレエの副芸術監督としてエカテリンブルク国立オペラ劇場で活動する。
2018年はマリインスキー劇場に復帰し、ソリストとしても活躍している。
レパートリーとしてクラシック全ての作品に出演した他、アレクセイ・ラトマンスキー版『シンデレラ』、ジョージ・バランシンのバレエ『放蕩息子』『ジュエルズ』『シンフォニーインC』、ローラン・プティの『カルメン』、ウィリアム・フォーサイス、イリ・キリアンらのネオクラシック、ユーリー・グリゴローヴィチの『愛の伝説』など、幅広く出演している。
日本国際バレエフェスティバル2019では、ワークショップでキャラクターダンスとアクチョールを指導、ガラコンサートでは『トレパック』を踊り、華麗な跳躍で客席を魅了した。
2022年からボリスエイフマンダンスアカデミーで教師として指導を行っている。

〜 パートナリング 〜

パートナリングにおけるサポートは、技術的な点、多様性という点で空中のサポートよりもアテールでのサポートがはるかに重要です。
バレエ学校でも、これは一層むずかしいため、習得させるのに時間をかけています。とにかく実践が必要な科目です。

たとえば、女性は自分の脚を90度の角度に維持し、男性は、女性が回転している間中女性の軸足にバランスを乗せて保つ必要があります。
習得には時間がかかり、むずかしくかつ重要なプロセスです。そして同時に、クラシックバレエのメソッドのすべての要件を満たす必要があります。
このコースのバーレッスンでは、パドドゥの準備として特定のタイプの動きを鍛えることに特化します。

しっかりとした基本を習得すると、このような高度な技も可能となります。

〜 パドドゥの重要性 〜

バレエでは、大きなポーズ、小さなポーズ、足さばき、回転、中ジャンプ、大ジャンプを基本とした組み合わせがあります。組み合わせはつながっている必要があるため、つなぎの動きや補助の動きがあります。
プリエ、パドブレアンファスアントゥルナン、パッセ、ドゥミロンドジャンブ、グランロンドジャンブ、グランフェッテ、グリッサード、シャッセ、トンベ、ストゥニューアントゥルナン、ステップ、アサンブレ、ポールドブラ、クペなどです。
これらの動きを習得していないと、デュエットダンスはできません。

つなぎや補助の動きの際に必要なことは、安定を保ちながら、足の切り替えやターンの際に必要なサポートを与えることです。

むずかしい動きの一例として、つま先からおり足を着地させデミ・プリエに移行することがあります。この移行を時間的にサポートすることが非常に重要です。
女性はすべてを自身で行い、男性の使命は彼女をサポートすることです。

パドドゥコースでは
クラシックバレエの舞台では欠かすことのできないパドドゥでのパートナリングについて、
マリインスキーバレエ団の現役ダンサーから本格的に学ぶことができます。
基礎から学べるコースです。

パドドゥコース概要

◆開催日時(予定)
  • 2023年1月8日(日)
  • 2023年1月15日(日)
  • 2023年1月22日(日)
  • 2023年2月12日(日)
  • 2023年2月19日(日)
  • 2023年2月26日(日)

※時間は午後の2時間を予定しています
※3月以降の予定は決まり次第連絡いたします

◆内容

バー&パドドゥレッスン

◆会場

東京都または神奈川県内スタジオ(詳細は合格者にお伝えします)

◆指導

フョードル・ムラショフ先生

◆参加費

30,000円(税込)×2ヶ月

◆募集人数

女性12名、男性6名(中学生以上、29歳まで)
※参加にはオーディションの合格が必要です

※レッスンは英語です。留学など海外に行くことを想定し、あえて通訳なしでのレッスンを受けていただき、先生が言われることを直接理解する力も養います。

合格者は、国立バレエ学校のメソッドに沿って、正しいパートナリングの知識と技術を学べるほか、基礎の習得ができた生徒はパドドゥ作品の練習、パドドゥ部門でのコンクール出場等にも進んでいただけます。


〜 オーディション開催中! 〜
(3月以降の受講申込受付)

審査内容

クラシックバレエ(バー&センターレッスン)
※女性ポワントあり

審査方法

ビデオ審査

詳細

動画は、YouTube等にアップロードし、申込フォーム欄へ記載の上お送りください。

<ビデオ審査内容>
バーレッスンまたはバリエーション動画

左右はどちらか片方のみ、10分程度にまとめてください。

■バー
プリエ
タンジュ/ジュッテ
フォンジュ/アダジオ
グランバットマン

■センター
アダジオ
回転
ジャンプ(小)
グランワルツ

審査料

5,000円(税込)
※銀行振込のみ(振込先は申込フォームに記載してあります)
※当事務局にて審査料の振込確認の完了後、審査を行い、結果をメールアドレスへお送りいたします。

日本国際バレエワークショップよりパドドゥレッスンの様子

申込フォーム