Japan Contemporary Dance Company

ジャパン・コンテンポラリー・ダンス・カンパニー(JCDC)は、クリエイション・ベースのダンス・カンパニーであり、日本におけるコンテンポラリー・ダンスの制作と教育のリソースとなっています。
国際的に活躍する振付家ポール・ジュリウスを芸術監督に迎え、マネージング・ディレクターの針山祐美と協力して、非常に意欲的なカンパニーを作り上げました。JCDCは、純粋なコンテンポラリー作品に加えて、コンテンポラリーと新古典主義の美学を融合させたスタイルの作品を予定しています。
JCDCは、一般社団法人日本国際バレエ協会(JIBA)によるカンパニーです。

IMG_0468.JPG
Artistic Director:Paul Julius

The Japan Contemporary Dance Company (JCDC) is a creation based dance Company and a resource of production and education of contemporary dance in Japan.
We are delighted, that we could recruit the internationally operating choreographer Paul Julius as a artistic director for JCDC, who in cooperation with managing director Yumi Hariyama created a highly motivated company. Planned are next to pure contemporary creations also stylistic fusions with contemporary - neoclassic aesthetic.
The company is affiliated to the Japan International Ballet Association (JIBA)

ポール・ジュリウス「コンテンポラリーへの思い」

ポール・ジュリウス振付作品集

Performance

■(予定)ガラコンサート 2022 2022.8.11 (木) カルッツかわさき

■Gießen Dance Festival

■JCDC 1st Performance 2021.9.16 (木) カルッツかわさき

■ガラコンサート 2021 2021.8.12 (木) カルッツかわさき